所長インタビュー

“これまで誰も
体験したことのない
楽しみを視聴者に提供”

株式会社メディアプラットフォームラボ
取締役 所長 兼 技術戦略部長

香取 啓志

メディアプラットフォームラボが設立されて2019年度は8年目に入りました。この間に「radiko」を取り巻く環境も大きく変化しています。まずプラットフォームとしての「radiko」の現状について教えてください。

 2019年度3月に、これまで使っていたロゴを「radiko.jp」から「radiko」へ変更しました。この変更は、地上波ラジオサイマル配信である「radiko.jp」でしかできないサービスについての再定義です。地上波ラジオ放送が持つ多くの利点をもとに、過去8年間radiko.jpで築いてきた配信インフラや、エリアフリーサービス、タイムフリーサービスなどの「radiko.jp」ならではのサービスから、「radiko」は、さらに発展するための新たなメディアプラットフォーム開発を目標としています。

これまでの事業展開を振り返ってみると、どのように発展してきたのでしょう。

 radikoの事業は、参加局の支援で誕生し、エリアフリーのサブスクライブモデルの提供、そして今まさに地上波のビジネスモデルと同等のオーディオアドを展開し始めています。
 在京局を起点に試験配信を始めたオーディオアド事業は、2018年度は、在阪局まで展開しています。

新しいところでは、2018年7月に新たな広告「ラジコオーディオアド」の実証実験が始まりました。

 まさに我々が「ラボ」であることを実証する商品です。まずradikoはIPで動いているため、ネット経由でユーザーと直接つながっています。そして「ラジコDMP」により、聴取人数、ユーザーの属性、嗜好性までを把握可能です。なぜならラジコDMPには、番組聴取ログ、ラジコユーザーアンケートデータ、デジコプレミアム会員の属性データに加えて、ビデオリサーチ社が実施ている生活者シングルソースデータ「ACR/ex」も組み込まれており、これらのデータを活用することで、本来なら直接把握することのできない一般ユーザーの属性や嗜好性まで「Look-Alike Targeting(似た人探し)」の手法により把握できるからです。
 その結果、聴取番組に関係なく、リスナーの年代や性別などの属性に基づいて、広告主が求めるターゲットに対して、より適切な広告をターゲッティング配信できます。ラジオ広告は聴き飛ばしがほぼないことを踏まえるなら、かなり効率の高い広告となる可能性があります。

さらにAmazon EchoやGoogle HomeなどAIスピーカーの登場により、radikoの可能性が広がっているのではないでしょうか。

 その通りです。radikoは、Amazon EchoのAlexaスキル、これはスマートスピーカーで使える拡張機能でありiPhoneアプリのようなものですが、そのダウンロード数がトップです。Google Homeにはradikoが最初からインストールされています。
 だから例えば「OK Google! ○○放送を流して」と呼びかければ、たちまち放送を聴くことができるし、同じことがAmazon Echoなら「アレクサ、ラジコで○○放送をつけて」となります。
 このような新しいデバイスが登場したときに対して、どのようなソリューションを開発して提供するのか。ここに我々の存在意義があるのです。IPセントリックをコンセプトに事業を展開しているので、将来の技術の進化や多様な可能性に柔軟に対応できるのが、我々の強みです。

2019年1月にはハイブリッドラジオについての発表がありました。

 IPセントリックを貫く我々ならではのアイデアが、radikoのIP通信機能とFM波のハイブリッド受信システムです。radikoにはFM波が届かないエリアでの安定受信やタイムフリー機能などがあり、FM波には遅延や輻輳の問題がなく、パケット消費がないといったメリットがあります。この両者の良いとこ取りをできるシステムがハイブリッドラジオです。2019年2月以降に、2つの通信事業者から「radiko+FM」アプリがプリインストールされたスマホがそれぞれ1機種発売される予定です。

他には今後、どのような展開を考えられているのでしょうか。

 トヨタ自動車と共同開発している仕組みがあります。これも入り口はAIスピーカーで、ダッシュボードに組み込まれたスピーカーに「radikoを聴きたい」と呼びかけると、「どの放送局にしますか」と応答します。あるいはテレビメーカーとの連携により、ネットに繋がっているテレビでもradikoを聴けるようになっています。我々はプラットフォーム提供者なので、その上で展開されるビジネス次第で、いかようにでもサービス提供が可能です。そして繰り返しになりますが、ラボであるからには、常にこれまでなかったシステムなりサービスなりを開発し続けることがミッションとなるわけです。
 構想レベルの話をするなら、クルマに乗ってradikoに「近くのモールのセールス情報は」とたずねると、チラシに掲載されたセール情報を教えてくれたり、もう少し先の話をするなら「セールをやっている○○ショップには、あなたのお好みに合いそうなファッションがあります」ぐらいのアドバイスをしてくれるようになるでしょう。
 このようにradikoとAIスピーカーの親和性の高さは、これから開発するサービスの1つのカギになると考えています。

AIスピーカーでの展開は他にも考えられるのでしょうか。

 AIスピーカ―は1980年代のキ-ワードのヒューマンインターフェースの一つで、当時コンピュータと人をつなぐマン・マシンインターフェースが出てきたのと同じ状況です。今後はAIも標準化され、デバイスについているボタンやSWと同じ、人が外の世界とつながるインターフェースとして展開してゆくと思われます。
 radikoにとって、これは非常に大きな仕様変更になります。ラジオの放送周波に合わせてチューニングしていたラジオが、radikoではPCのWEBの操作にかわり、携帯電話やタブレットではradikoアプリ使用して聴取していました。これがステ-ション名(参加局名)を音声で呼ぶと、希望の端末から音声が流れてきます。音量や、音質などもデバイスと会話することで希望のステーションを聴取でき、例えば希望のタレントの番組を探すことも音声で尋ねることもできます。カーラジオなどで希望の放送局を選局する方法として、AIのユーザインターフェースは最適です。

ラジオの既存ユーザーと新たなユーザー獲得についてのお考えをお聞かせください。

 新しいものが出た時に最初に迷いなく触れにくるアーリーアダプターは、新たなユーザ拡大に欠かせません。そのためには絶えず市場に出てくるIPでコネクトし音声が出力できるデバイスに絶えず注目しています。
 とはいえ既存ユーザーが継続して聴取していただくためには、radikoに適したコンテンツの開発が大変重要です。既存のラジオの幅広い聴取者のライフスタイルに合わせた番組開発は、ネットで繋がることで聴取者の聴取状況が次第に制作側にも見えはじめています。制作者と聴取者双方が相互の壁に色々な窓を作ることで、新たなユーザーの趣味・嗜好にアダプトしたサービスを提供できればと考えています。

これからのメディアプラットフォームラボの役割や目標などを教えてください。

 これまでのメディア配信はTVやラジオそして衛星など電波を利用した放送が主役でした。これが1980年台からコンピュータ、通信、放送を融合したインターネット基盤が整備されてきました。2010年~20年にかけてはインターネット基盤によるメディアビジネスが世界的にも電波を利用した放送にとって代わる世代交代の時代となりました。
 今まさに、このプラットフォームが大きく変革している時代です。
 この変革の中で、ラジオはradikoとして今の時代に適合した配信プラットフォームを構築しました。世界的には、いま地上波ラジオはデジタルラジオの世代ですが、日本では普及していません。radikoはデジタルラジオの世代を超えて、現在日本中どこでも利用可能な携帯電話の4G のプラットフォームや、多くの家庭、事務所などに張り巡らされたインターネットインフラによる配信プラットフォームとしています。
 現時点の役割は、これらのIPでコネクトされたデバイスにradikoのアプリを展開することです。これによりラジオをより多くの人が楽しんでいただける環境が生まれてきます。
現在は、1億台以上も日本で展開されている携帯端末でのサービス開発が主軸ですが、目標はIPでコネクトし、音声が再生できるデバイスすべてでradikoが聴取言出来ることです。